KMCustomizerマニュアル(オートIME)

オートIMEとは、キーをタイプすると自動的にIMEがオンになり、そのまま日本語が入力できるようになる機能のことです。

(IMEが自動的にオフになるモードもあります)

なお、オートIMEを使用するには、IMEの設定変更が必要です。

 IMEの設定

<広告>

オートIME機能の状態(オン・オフ)確認と変更

オートIME機能は、同機能の状態(オン・オフ)によって動作が異なりますので、使用前に状態(オン・オフ)を確認します(必要に応じて変更します)。

見分け方

状態 通知領域(タスクトレイ)のアイコン
オン オートIMEオン機能の使用方法
オフ オートIMEオン機能の使用方法

変更方法

カタカナキーを押すたびにオン・オフが切り替わります

動作の違い

状態 日本語入力 半角文字(英数記号)入力
オン そのままタイプ スペースキーを押しながらタイプ
オフ スペースキーを押しながらタイプ(親指シフト配列は不可) そのままタイプ

注)環境設定画面で、オートIME機能をオン・オフどちらの状態でKMCustomizerを起動するか、設定することができます。

 環境設定

オートIME機能「オン」のときの文字入力方法

日本語入力

緑アイコン(オートIMEオン)の状態で文字入力を開始すると、自動的にIMEがオン(日本語入力モード)になりますので、キーをタイプするだけで自動的に日本語が入力できます。

(IMEのオン・オフを切替える必要はありません)

また、英数モードへの切替不要で全角英数・記号が入力できる、「全角英数・記号の直接入力機能(※)」も装備しています。

(※)入力方式によって操作方法が異なるため、操作方法は「キー配列設定・プリセット配列」を参照してください。

 キー配列設定・プリセット配列

半角文字(英数記号)入力

半角文字(英数記号)を入力するときは、スペースキーを押しながらタイプしてください。
すると、IMEが自動でオフになるので、半角文字(英数記号)が入力できます。

(半角スペースを入力するときは、スペースキーを押しながらCtrlキーをタイプします)

もちろんShiftキーを押しながらタイプの対応していますので、英字大文字や「!」などの記号も入力可能です。(この場合は、スペースキー+Shiftキー+文字キーという操作になります)

また、無変換および変換キーにもShiftキーの役割を持たせているので、スペースキー+無変換キー(または変換キー)+文字キーという操作でも、英字大文字や記号が入力できます。

注)キーボードによってはハードウェアの制約により、スペースキー+無変換キー(または変換キー)+文字キーの組み合わせでは、文字入力できないケースがあります。

オートIME機能「オフ」のときの文字入力方法

半角文字(英数記号)入力

赤アイコン(オートIMEオフ)の状態で文字入力を開始すると、自動的にIMEがオフ(半角英数入力モード)になりますので、キーをタイプするだけで自動的に半角文字(英数記号)が入力できます。

(IMEのオン・オフを切替える必要はありません)

もちろんShiftキーを押しながらタイプの対応していますので、英字大文字や「!」などの記号も入力可能です。

日本語入力

日本語入力するときは、スペースキーを押しながらタイプしてください。
すると、IMEが自動でオンになるので、日本語が入力できます(親指シフト配列は不可)。

(全角スペースを入力するときは、スペースキーを押しながらCtrlキーをタイプします)

オートIME除外アプリの登録

オートIME機能を使いたくない(手動でIMEをオン・オフしたい)アプリがある場合は、オートIME除外アプリに登録することで、手動でIMEをオン・オフできるようになります。

登録方法は、「環境設定のオートIME除外アプリの管理」を参照してください。

 環境設定のオートIME除外アプリの管理

<広告>