ShowClipマニュアル(クリップボード履歴)

クリップボード履歴機能を使用すると、過去にコピーしたテキストを再度貼り付けることができるようになります。
クリップボード履歴の利用

クリップボード履歴は、新しいテキストがコピーされるたびに自動的に更新され、古いものから順に削除されます。

履歴に保持するクリップボードの数と、破棄されるまでの時間を設定することができます。

<広告>

クリップボード履歴の利用

  1. 左Ctrlキーを連打して(※)クリップボード履歴メニューを表示させます。
    クリップボード履歴の利用
    (※)ホットキーは変更(追加)することができます。

     ホットキー

  2. 貼り付けたい履歴を選択(※)して、Enterキーを押します。(マウス左クリックでも可)
    クリップボード履歴の利用
    (※)履歴左端の数字に相当するキーを押すと、ダイレクトに選択することができます。
     

  3. 選択した履歴が貼り付けられます。
    クリップボード履歴の利用

クリップボード履歴の管理

履歴マネージャーを使用すると、クリップボード履歴のピン止め、表示順の変更、削除ができるようになります。

履歴マネージャー画面

履歴マネージャー表示中にクリップボードを更新(コピー)しても、表示中の履歴マネージャーには反映されませんので注意してください。

履歴マネージャーの表示

  1. 通知領域(タスクトレイ)のShowClipアイコンを右クリックして、メニューを表示させます。
    「履歴マネージャー」画面の表示
     
  2. 表示されたメニューの「履歴マネージャー」をクリックします。
    「履歴マネージャー」画面の表示
     
  3. 「履歴マネージャー」画面が表示されます。
    「履歴マネージャー」画面の表示

クリップボード履歴のピン止め

クリップボード履歴をピン止めすると、常に履歴の先頭に表示されるようになり、履歴から削除されなくなります。
クリップボード履歴のピン止め

よく使うフレーズをピン止めしておくと、素早く貼り付けられるようになり便利です。

ピン止め方法

  1. ピン止めしたいクリップボード履歴のチェックボックスをチェックします。
    クリップボード履歴のピン止め
     
  2. 「保存」ボタンをクリックして、クリップボード履歴を保存します。
    クリップボード履歴のピン止め

クリップボード履歴の表示順変更

クリップボード履歴は自動的に新しい順に表示されますが、以下の手順で表示順を変更することができます。

  1. 表示順を変更するクリップボード履歴をクリックします。
    クリップボード履歴の表示順変更
     
  2. 「↑」または「↓」ボタンをクリックします。
    クリップボード履歴の表示順変更
     
  3. クリップボード履歴の表示順が変更されます。
    クリップボード履歴の表示順変更
     
  4. 「保存」ボタンをクリックして、クリップボード履歴を保存します。
    クリップボード履歴の保存

クリップボード履歴の削除

  1. 削除するクリップボード履歴をクリックします。
    クリップボード履歴の削除
     
  2. 「削除」ボタンをクリックします。
    クリップボード履歴の削除
     
  3. 削除するクリップボード履歴が正しければ「はい」ボタンをクリックします。
    クリップボード履歴の削除
     
  4. クリップボード履歴が削除されます。
    クリップボード履歴の削除
     
  5. 「保存」ボタンをクリックして、クリップボード履歴を保存します。
    クリップボード履歴の保存

クリップボード履歴の保存

クリップボード履歴を変更した場合は、必ず「保存」ボタンをクリックして変更内容を保存してください。

クリップボード履歴の保存

保存せずに画面を閉じると変更内容は失われます。

クリップボード履歴の設定

機能設定画面を表示すると、クリップボード履歴の設定を変更することができます。
「機能設定」画面

機能設定画面の表示

  1. 通知領域(タスクトレイ)のShowClipアイコンを右クリックして、メニューを表示させます。
    「機能設定」画面の表示
     
  2. 表示されたメニューの「機能設定」をクリックします。
    「機能設定」画面の表示
     
  3. 「機能設定」画面が表示されます。
    「機能設定」画面の表示

履歴保管数の設定

クリップボード履歴の保管件数を設定します。
「機能設定」画面・クリップボード履歴
ここで指定した数だけ、クリップボード履歴を保管します。

履歴保管時間(分)の設定

クリップボードを履歴から削除するまでの時間を、分単位で設定します。
「機能設定」画面・クリップボード履歴

履歴保管数を超えたクリップボードは履歴からの削除対象となりますが、履歴保管時間の範囲内であれば保管し続け、時間を超過したときに初めて削除されます。

【設定例】
履歴保管数:10
履歴保管時間(分):30
 

 

履歴11←新しいクリップボードが追加された
履歴10
履歴9


履歴2
履歴1←履歴保管数を超えたので削除判定を行う

 

履歴1が、保管開始から30分以内なら保管を続け、30分以上経過していれば履歴から削除します。

履歴メニュー文字数の設定

クリップボード履歴メニューに表示する最大文字数を設定します。
「機能設定」画面・クリップボード履歴

クリップボード履歴メニューに表示するテキストの文字数が多い場合は、ここで設定した文字数分のテキストが表示されます。
クリップボード履歴メニューの表示例

<広告>