KMCustomizerマニュアル(タスクスイッチャー)

キーボードまたはマウスにタスクスイッチャーを割り当てると、タスク切替機能を使用することができます。


画面構成

基本画面

タスクスイッチャーを起動すると、現在開いているウィンドウの一覧を表示します。
タスクスイッチャーの画面構成

ランチャーアプリ

本ソフトウェアのタスクスイッチャーは、タスクランチャー機能もあわせ持っており、アプリがランチャー登録されていると、該当アプリはランチャーアプリとして表示されます。
タスクスイッチャーの画面構成

ランチャー機能を使用するには、キー配列詳細設定画面でランチャー登録が必要です。

 キー配列詳細設定

ランチャーとスイッチャーの分割表示

ランチャーとスイッチャーは、左右に分割することができます(環境設定画面で分割設定が必要です)。
タスクスイッチャーの画面構成

 環境設定

タスクスイッチャーの表示方法

  1. タスクスイッチャーを割り当てたキー(マウスボタン)を押します。
    (デフォルトでは、「アプリケーションキー+B」または「マウスの右ボタンを押しながら中クリック」で表示します)
  2. 現在開いているウィンドウの一覧が表示されます。
    タスクスイッチャーの表示方法
    (再度、タスクスイッチャーを割り当てたキー(マウスボタン)を押すと、表示が消えます)

タスクの切替

キーボードでの切換

  1. 「↓」または「↑」キーで、切り替えたいウィンドウを選択します。
    (左右分割されているときは、Tabキー(Shift+Tab)でフォーカスを移動させてください)
    タスクの切替
  2. 「←」キーを押すと、選択したウィンドウがアクティブになります。
    (ランチャーアプリの場合は、該当アプリを起動します)

マウスでの切換

切り替えたいウィンドウを「左クリック」すると、選択したウィンドウがアクティブになります。

タスクの終了

本ソフトウェアのタスクスイッチャーは、タスク終了機能も装備しているので、終了させたいアプリが非アクティブ(他のウィンドウの下に隠れている)状態でも簡単に終了させることができます。

キーボードでの終了操作

  1. 「↓」または「↑」キーで、終了させたいウィンドウを選択します。
    (左右分割されているときは、Tabキー(Shift+Tab)でフォーカスを移動させてください)
  2. 「→」キーを押すと、選択したウィンドウが終了します。
    (「BackSpace」キーを押すと、ウィンドウを終了させた後に、タスクスイッチャーを再表示します)

マウスでの終了操作

終了させたいウィンドウを「右クリック」すると、選択したウィンドウが終了します。
(「Ctrl」または「Alt」キーを押しながら「右クリック」すると、ウィンドウを終了させた後に、タスクスイッチャーを再表示します)

ウィンドウの最小化

更にウィンドウの最小化機能も装備しているので、最小化したいアプリが非アクティブ(他のウィンドウの下に隠れている)状態でも簡単に最小化させることができます。

キーボードでの終了操作

  1. 「↓」または「↑」キーで、最小化したいウィンドウを選択します。
    (左右分割されているときは、Tabキー(Shift+Tab)でフォーカスを移動させてください)
  2. 「PgDn」キーを押すと、選択したウィンドウが最小化します。

マウスでの最小化

マウスでの最小化はサポートしていません。