KMCustomizerマニュアル(キー配列設定・プリセット配列)

プリセット配列を設定するには、「半角全角」「日本語」等の各機能に割り当てたい配列を選択した後に、「キー配列を変更」ボタンをクリックします。

<広告>

プリセット配列の設定

  1. 各機能に割り当てたい配列を選択します。
    選択が完了したら、「キー配列を変更」ボタンをクリックします。
    プリセット配列の設定
     
  2. 確認画面で「はい」をクリックします。
    プリセット配列の設定
     
  3. キー配列が変更されます。
    プリセット配列の設定

プリセット配列の詳細

プリセット配列には、半角英数字や日本語(全角文字)入力時に使用する基本的なキー配列に加え、文書編集をサポートする拡張的なキー配列があります。

半角英数

QWERTY配列

半角英数・QWERTY配列

標準的なキー配列です。
日本語キーボードのキー刻印どおりに、入力することができます。

「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で、「割り当てない」か「アプリケーションキーとの組合わせ」を選択した場合には、「無変換」および「変換」キーを「シフト」キー代わりに使うことができます。

Dvorak配列

半角英数・Dvorak配列

英文を効率よく入力するために考案されたキー配列です。
本配列は、Enterキー周辺の配列が正式なDvorak配列とは異なります(※)。

(※)英語キーボード向けの配列を、日本語キーボードに割り当てているため。

この配列が適用されるのは「半角英数字」のみで、キーボードショートカット(コピー&ペースト等)のキー配列は変更されません。

「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で、「割り当てない」か「アプリケーションキーとの組合わせ」を選択した場合には、「無変換」および「変換」キーを「シフト」キー代わりに使うことができます。

日本語

日本語の入力方法を「ローマ字」「かな」「親指シフト」から選択することができます。

全ての入力方法において、英数モードへの切替不要で全角英数・記号が入力できる、「全角英数・記号の直接入力機能」を装備しています。

ローマ字入力(QWERTY配列)

日本語・ローマ字入力(QWERTY配列)

標準的なローマ字入力用のキー配列です。

赤色の文字(英数モードへの切換が必要な記号)は、「変換」キーを押しながらタイプすることで、モードを切替えることなく直接入力することができます。

  • 赤色の文字があるキーを「無変換」キーを押しながらタイプしたとき
    左上の文字が入力されます。

  • 赤色の文字があるキーを「変換」キーを押しながらタイプしたとき
    赤色の文字が入力されます。

「シフト」キーを押しながらタイプしたときは、通常のローマ字入力と同じ動作をします。

「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で、「割り当てない」か「アプリケーションキーとの組合わせ」を選択した場合には、「無変換」および「変換」キーを「シフト」キー代わりに使うことができます。

ローマ字入力(Dvorak配列)

日本語・ローマ字入力(Dvorak配列)

Dvorak配列でローマ字入力するためのキー配列です。

赤と緑の文字(英数モードへの切換が必要な記号)は、「変換」または「左シフト」キーを押しながらタイプすることで、モードを切替えることなく直接入力することができます。

  • 赤色の文字があるキーを「無変換」キーを押しながらタイプしたとき
    左上の文字が入力されます。

  • 赤色の文字があるキーを「変換」キーを押しながらタイプしたとき
    赤色の文字が入力されます。

  • 緑色の文字があるキーを「左シフト」キーを押しながらタイプしたとき
    緑色の文字が入力されます。

  • 緑色の文字があるキーを「右シフト」キーを押しながらタイプしたとき
    左上の文字が入力されます。

その他のキーは「左シフト」と「右シフト」キーの区別はなく、(キー配列が異なる点を除き)通常のローマ字入力と同じ動作をします。

「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で、「割り当てない」か「アプリケーションキーとの組合わせ」を選択した場合には、「無変換」および「変換」キーを「シフト」キー代わりに使うことができます。

JISかな入力(英数親指シフト)

日本語・JISかな入力(英数親指「シフト」)

JISかな入力用のキー配列です。

赤色と緑色の文字(英数モードへの切換が必要な英数・記号)は、「無変換」または「変換」キーを押しながらタイプすることで、モードを切替えることなく直接入力することができます。

  • 緑色と赤色の文字があるキー
    「無変換」キーを押しながらタイプすると、緑色の文字が入力されます。
    「変換」キーを押しながらタイプすると、赤色の文字が入力されます。

  • 緑色はあるが赤色の文字はないキー
    「無変換」または「変換」キーを押しながらタイプすると、緑色の文字が入力されます。

「シフト」キーを押しながらタイプした時は、通常のかな字入力と同じ動作をします。

制限事項

「変換」キーに「親指シフト」機能を割り当てたため、「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で「変換+右手」の操作を選択することができません。
日本語・JISかな入力(英数親指「シフト」)

JISかな入力(かな親指シフト)

日本語・JISかな入力(かな親指シフト)

「シフト」キーの役割を「変換」および「無変換」キーに持たせた、JISかな入力用のキー配列です。

「変換」または「無変換」キーを押しながらタイプすると、赤色の文字が入力されます(通常のかな入力で、「シフト」キーを押しながらタイプした時と同じ動作)。

この配列にも「全角英数・記号の直接入力機能」が装備されており、左右の「シフト」キーを押しながらタイプすることで、全角英数・記号を直接入力することができます。

  • 緑色の文字があるキー
    「左シフト」キーを押しながらタイプすると、左上の文字が入力されます。
    「右シフト」キーを押しながらタイプすると、緑色の文字が入力されます。

  • 緑色の文字がないキー
    「左シフト」または「右シフト」キーを押しながらタイプすると、左上の文字が入力されます。

親指シフト(NICOLA配列)

日本語・親指「シフト」(NICOLA配列)

NICOLA配列を一部拡張(※)した、親指シフトキー配列です。
(※)最上段の右から3個目のキーに「^」を配置。

以下のキーを親指シフトキーとして使用します。

  • 左親指→「無変換」
  • 右親指→「変換」

この配列にも「全角英数・記号の直接入力機能」が装備されており、左右の「シフト」キーを押しながらタイプすることで、全角英数・記号を直接入力することができます(最上段のキーを除く)。

  • 赤色の文字があるキー
    「左シフト」キーを押しながらタイプすると、左上の文字が入力されます。
    「右シフト」キーを押しながらタイプすると、赤色の文字が入力されます。

  • 赤色の文字がないキー
    「左シフト」または「右シフト」キーを押しながらタイプすると、左上の文字が入力されます。

制限事項

「無変換」と「変換」キーに「親指シフト」機能を割り当てたため、「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で、「無変換」および「変換」キーを使用した操作を選択することができません。
日本語・親指「シフト」(NICOLA配列)

親指シフト(第3シフト使用)

日本語・親指「シフト」(第3「シフト」使用)

前項の「親指シフト(NICOLA配列)」と同じく、NICOLA配列を一部拡張(※)した、親指シフトキー配列です。
(※)最上段の右から3個目のキーに「^」を配置。

以下のキーを親指シフトキーとして使用します。

  • 左親指→「第3シフト(F24)」
  • 右親指→「変換」

本キー配列では、「左親指シフト」キーに「第3シフト(F24)」キーを使用するので、「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」の各キー配列に、「無変換」キーを使用した操作を割り当てることができます。

ただし、本キー配列を使用するには、別途フリーソフト(ChangeKey)をダウンロードして「第3シフト」の割り当て、および「無変換」キーの配置換えが必要です。

 第3シフト(F24キー)の割り当て方法

制限事項

「変換」キーに「親指シフト」機能を割り当てたため、「コピー&ペースト」「編集操作」「マウス操作」のプリセット配列で、「変換」キーを使用した操作を選択することができません。
日本語・親指「シフト」(第3「シフト」使用)

コピー&ペースト

コピー&ペースト等のキーボードショートカットを、押しにくい位置にある「Ctrl」キーの代わりに、「無変換」「変換」「アプリケーションキー」のいずれかの組合わせで操作できるようにしたキー配列です。

無変換+文字キー

コピー&ペースト・無変換+文字キー

変換+文字キー

コピー&ペースト・変換+文字キー

アプリケーションキー+文字キー

コピー&ペースト・アプリケーションキー+文字キー

編集操作(方向キー、Deleteキーなど)

ホームポジションを維持したまま、方向キー、Deleteキーなどをタイプできるようにしたキー配列です。

「無変換」「変換」「アプリケーションキー」のいずれかのキーを押しながらオレンジ色のキーをタイプすると、キー上段に記された内容の動作をします。

「シフト」キーとの同時打鍵にも対応していますので、範囲選択も可能です。

無変換+左手

編集操作・無変換+左手

無変換+右手

編集操作・無変換+右手

変換+左手

編集操作・変換+左手

変換+右手

編集操作・変換+右手

アプリケーションキー+左手

編集操作・アプリケーションキー+左手

アプリケーションキー+右手

編集操作・アプリケーションキー+右手

マウス操作(カーソル移動、クリックなど)

キーボードでマウスを操作するためのキー配列です。

「無変換」「変換」「アプリケーションキー」のいずれかのキーを押しながらオレンジ色のキーをタイプすると、キー上段に記されたマウス操作を行うことができます。

  • ↑:マウスカーソルを上へ
    右Crtlキーを押しながらの操作で加速
    左Crtlキーを押しながの操作で減速(以下同様)
  • ↓:マウスカーソルを下へ
  • ←:マウスカーソルを左へ
  • →:マウスカーソルを右へ
  • 左Clk:左クリック
    右Ctrlキーを押しながら操作すると、Ctrlキーを押しながら左クリックしたときと同じ動作をします。
    左Ctrlキーを押しながら操作すると、Shiftキーを押しながら左クリックしたときと同じ動作をします。
  • 右Clk:右クリック
  • 中Clk:中クリック
  • 左Dn:左ボタンを押したままにする(もう一度「左Dn」でボタンをはなす)
  • 右Dn:右ボタンを押したままにする(もう一度「右Dn」でボタンをはなす)
  • WhUp:ホイール上回転
    Shiftキーを押しながら操作すると減速します。
  • WhDn:ホイール下回転
    Shiftキーを押しながら操作すると減速します。

無変換+左手

マウス操作・無変換+左手

無変換+右手

マウス操作・無変換+右手

変換+左手

マウス操作・変換+左手

変換+右手

マウス操作・変換+右手

アプリケーションキー+左手

マウス操作・アプリケーションキー+左手

アプリケーションキー+右手

マウス操作・アプリケーションキー+右手

<広告>