KMCustomizerマニュアル(デフォルトキー配列)

本ソフトウェア導入時のデフォルトキー配列は以下のとおりです。


半角英数

【QWERTY配列】
半角英数・QWERTY配列

標準的なキー配列です。
日本語キーボードのキー刻印どおりに、入力することができます。

日本語

【ローマ字入力(QWERTY配列)】
日本語・ローマ字入力(QWERTY配列)

標準的なローマ字入力用のキー配列です。

赤色の文字(英数モードへの切換が必要な記号)は、「変換」キーを押しながらタイプすることで、モードを切替えることなく直接入力することができます。

  • 赤色の文字があるキーを「無変換」キーを押しながらタイプしたとき
    左上の文字が入力されます。
  • 赤色の文字があるキーを「変換」キーを押しながらタイプしたとき
    赤色の文字が入力されます。

「シフト」キーを押しながらタイプしたときは、通常のローマ字入力と同じ動作をします。

コピー&ペースト

コピー&ペースト等のキーボードショートカットを、押しにくい位置にある「Ctrl」キーの代わりに、「無変換」キーで操作できるようにしたキー配列です。
コピー&ペースト・無変換+文字キー

たとえば、「無変換」キーを押しながら「C」を押すと、「Ctrl」キーを押しながら「C」を押したときと同じ動作(コピー)をします。

編集操作(方向キー、Deleteキーなど)

ホームポジションを維持したまま、方向キー、Deleteキーなどをタイプできるようにしたキー配列です。
編集操作・無変換+右手

「変換」キーを押しながらオレンジ色のキーをタイプすると、キー上段に記された内容の動作をします。

「シフト」キーとの同時打鍵にも対応していますので、範囲選択も可能です。

マウス操作(カーソル移動、クリックなど)

キーボードでマウスを操作するためのキー配列です。

「変換」キーを押しながらオレンジ色のキーをタイプすると、キー上段に記されたマウス操作を行うことができます。
マウス操作・変換+左手

  • ↑:マウスカーソルを上へ
    右Crtlキーを押しながら操作すると加速
    左Crtlキーを押しながら操作すると減速(以下同様)
  • ↓:マウスカーソルを下へ
  • ←:マウスカーソルを左へ
  • →:マウスカーソルを右へ
  • 左Clk:左クリック
    右Ctrlキーを押しながら操作すると、Ctrlキーを押しながら左クリックしたときと同じ動作をします。
    左Ctrlキーを押しながら操作すると、Shiftキーを押しながら左クリックしたときと同じ動作をします。
  • 右Clk:右クリック
  • 中Clk:中クリック
  • 左Dn:左ボタンを押したままにする(もう一度「左Dn」でボタンを離す)
    (ドラッグアンドドロップのときに使用します))
  • 右Dn:右ボタンを押したままにする(もう一度「右Dn」でボタンを離す)
    (ドラッグアンドドロップのときに使用します)
  • WhUp:ホイール上回転
    Shiftキーを押しながら操作すると減速します。
  • WhDn:ホイール下回転
    Shiftキーを押しながら操作すると減速します。

ショートカットキー

キー割り当て 操作内容
アプリケーションキー+1 アクティブウィンドウを最小化
アプリケーションキー+2 アクティブウィンドウを最大化またはリサイズ
アプリケーションキー+3 アクティブウィンドウを移動(矢印キーで移動)
アプリケーションキー+4 アクティブウィンドウをサイズ変更(矢印キーで変更)
アプリケーションキー+5 クリップボードをFIFOモードに変更(※)
アプリケーションキー+6 クリップボードのFIFO貼り付け再開(※)
アプリケーションキー+7 選択文字列を楽天市場で検索(※)
アプリケーションキー+Alt+7 選択文字列をアマゾンで検索(※)
アプリケーションキー+8 選択文字列をグーグルで検索(※)
アプリケーションキー+Alt+8 選択文字列を前回の検索文字列に追記してグーグルで検索(※)
無変換+Shift+V ShowClipのクリップボード履歴メニュー表示(※)
アプリケーションキー+Shift+V ShowClipのオプションメニュー表示(※)
アプリケーションキー+B タスクスイッチャー
カタカナ オートIMEのオン/オフ切替え
変換+無変換 IMEオフ
Shift+Space 半角スペース
無変換+変換 IMEオン

(※)ShowClipのインストール・起動が必要です。