デフォルトキー配列

半角英数記号

カスタマイズしなくても使えるように、デフォルト配列は標準的な構成だわ!

【QWERTY配列】

半角英数・QWERTY配列

でも半角英数記号は、スペースキーを押しながらタイプする必要があるから注意してほしいぞ!

これは、KMCustomizerが、日本語入力に重きを置いていて、IMEが自動でオンになる仕組みを採用しているからなんだ。

プログラミングのように半角英数記号の入力が主な目的なら、オートIME機能をオフにするといいよ。

そうすると、スペースキーを押さなくても半角英数記号が入力できるんだ!

日本語

日本語入力もデフォルトは、標準的なローマ字入力の配列だね!

【ローマ字入力(QWERTY配列)】

でも、このソフトならではの特徴もあるのよ!

オレンジ色の文字は、変換キーを押しながらタイプすることで、英数モードに切替えなくても直接入力できるわ!

コピー&ペースト

コピー&ペーストとかの、ショートカットキーも操作しやすくなってるよ!

コピー&ペースト・無変換+文字キー

Ctrlキーの代わりに、無変換キーでショートカットキーが操作できるの!

たとえばコピーなら、無変換キーを押しながら C を押せばいいのよ。

慣れたら、Ctrlキーを小指で押すより、無変換キーを親指で押すほうがずっと楽だわ!

編集操作(方向キー、Deleteキーなど)

無変換キーは、方向キーとかの編集操作でも活用できるよ!

ホームポジションを維持したまま、方向キー、Deleteキーなどをタイプできるようにしたキー配列です。
編集操作・無変換+右手

無変換キーを押しながら、オレンジ色のキーを押すと、キー上段の機能が利用できるの!

マウス操作(カーソル移動、クリックなど)

キーボードでマウス操作もできるんだよ!


マウス操作・変換+左手

こっちは変換キーがトリガーになってるだけで、考え方はさっきと同じよ。

カーソル移動には加減速機能が、ホイール回転には減速機能が付いてるわ。

カーソル移動
 右Crtlキーを押しながら操作すると加速
 左Crtlキーを押しながら操作すると減速

ホイール回転
 Shiftキーを押しながら操作すると減速

ドラッグ&ドロップも、次の手順で操作できるよ。

変換キーを押しながら、T を押す。
変換キーを押しながら、E S D F を押してドラッグする。
目的の場所まで動かしたら、変換キーを押しながら、t を押してドロップする。

右ボタンのドラッグ&ドロップは、変換キーを押しながら、Q でできるよ。

ショートカットキー

最後は、そのほかのショートカットキーよ!

ウィンドウの最大化や最小化などが、簡単に操作できるようになってるわ。

キー割り当て操作内容
アプリケーションキー+1アクティブウィンドウを最小化
アプリケーションキー+2アクティブウィンドウを最大化またはリサイズ
アプリケーションキー+3アクティブウィンドウを移動(矢印キーで移動)
アプリケーションキー+4アクティブウィンドウをサイズ変更(矢印キーで変更)
アプリケーションキー+5クリップボードをFIFOモードに変更(※)
アプリケーションキー+6クリップボードのFIFO貼り付け再開(※)
アプリケーションキー+7選択文字列を楽天市場で検索(※)
アプリケーションキー+Alt+7選択文字列をアマゾンで検索(※)
アプリケーションキー+8選択文字列をグーグルで検索(※)
アプリケーションキー+Alt+8選択文字列を前回の検索文字列に追記してグーグルで検索(※)
無変換+Shift+VShowClipのクリップボード履歴メニュー表示(※)
アプリケーションキー+Shift+VShowClipのオプションメニュー表示(※)
アプリケーションキー+Bタスクスイッチャー
カタカナオートIMEのオン/オフ切替え
変換+無変換IMEオフ
Shift+Space半角スペース
無変換+変換IMEオン

(※)ShowClipのインストール・起動が必要です。

ShowClipと組み合わせれば、選択文字列でWeb検索もできるんだよ!