機能設定

「機能設定」画面を表示すると、ShowClipの各種機能が設定できます。

「機能設定」画面の表示

通知領域(タスクトレイ)のShowClipアイコンを右クリックして、メニューを表示させます。
「機能設定」画面の表示

表示されたメニューの「機能設定」をクリックします。
「機能設定」画面の表示

「機能設定」画面が表示されます。
「機能設定」画面の表示

「履歴」タブ

ここで、クリップボード履歴の保存方法が設定できるのよ!

「機能設定」画面の表示

履歴をいくつ保管するか?とか、履歴と同じものをコピーしたときはどのように保存するか?とか、履歴の保存方法が設定できますわ!

詳しい使い方は、リンク先で確認してほしいですの。

「通知音」タブ

ここは、通知音を設定するところよ!
コピーとかの操作をしたときに、音を鳴らすことができるわ。

「機能設定」画面・通知
音

音で確認できるから、コピーしたつもりなのにコピーできてなかった…とかのミスが防げますわね!

操作名の横の欄をチェックすると、音を鳴らせるようにできますのよ!

操作ごとに音が指定できるから、操作の種類も音でも確認できるわね!

.wav や .mp3など、Windowsがサポートしているメディアなら、なんでも指定できるわ。

効果音ラボ」さまの音声データが同梱されてるので、ためしに使ってほしいですの。

再配布は御法度ですわよ!

「ツールチップ」タブ

音だけじゃなくて、ツールチップ(吹き出し)を表示させることもできるわ!

「機能設定」画面・ツールチップ

ツールチップの表示例

ツールチップを表示させれば、視覚的にも操作が確認できますわ。

機能名の横の欄をチェックすれば、ツールチップが表示されるのよ。

表示時間も設定できますわ。

ここで指定した時間が経過すると、ツールチップは自動的に消えますの。

「オプション機能」タブ

クリップボード履歴以外のオプション機能は、ここから設定していくのよ。

「機能設定」画面・オプション機能

チェックボックスをオン・オフすることで、その機能を使う・使わないが選べますわ。

矢印ボタンは、メニューへの表示順を変更するときに使うのよ。

機能名を選択して、矢印ボタンをクリックすると、順番が入れ替わるの。

「オプション機能はメニューを分ける」をチェックすると、クリップボード履歴とメニュー表示を分けることができますわ。

下の図を参考に、どっちか選んでくださいなの!

結合する場合

メニュー上段にオプション機能が、下段にクリップボード履歴が表示されます。

分離する場合

クリップボード履歴とは別に、オプション機能だけがメニュー表示されます。

各機能の設定を変更するときは、機能名を選択してから、設定ボタンをクリックするのよ!

それぞれの機能の設定方法は、リンク先で確認してほしいわ!

「ホットキー」タブ

各機能を呼び出すためのホットキーは、ここで設定しますのよ!

「機能設定」画面・ホットキー

詳しい使い方は、リンク先で確認してね!

「特殊設定」タブ

ここは、自動起動など、その他の設定をするところですわ。

「機能設定」画面・特殊設定

「特殊文字」は初期値のままで、特に変更しなくてもいいわ。

一応、この設定の意味を説明しておくと…

クリップボードに改行やタブが含まれていた場合、ShowClipでは、ここで指定した文字に変換して履歴に保存しているの。

もちろん、履歴から呼び出されたときは、元の形式に戻して貼り付けているわ。

なので、基本的に変更する必要はないのだけど、独自形式の内容に変更することも可能よ。

チェックボックスをチェックすると、テキストボックスが編集可能になるので、特殊文字を変更するといいわ。

最後に、保存ボタンをクリックしたら完了ね。

それより、「自動起動(スタートアップに登録)する」をチェックするほうがおすすめですわ!

ここをチェックすると、PC起動時にShowClipが自動的に立ち上がりますのよ!

「保存」ボタン

設定を変更したら、必ず「保存」ボタンを押してね!

押さないで閉じたら、変更内容は失われてしまいますわ!

でも、間違えて変更した時は、保存せずに閉じたほうが、いいかもです。