ShowClipマニュアル(クリップボードのFIFO貼り付け)

FIFO貼り付け機能を使用すると、クリップボードにコピーしたテキストを、コピーした順に貼り付けられるようになります。

離れた場所にある複数のテキストを一か所にまとめたい場合などに使用すると、作業の効率化が図れます。
FIFO貼り付け機能

<広告>

FIFO貼り付け機能の利用

FIFO貼り付け機能を利用するには、以下の手順で操作します。

  1. キーボードのShiftおよびCtrlキーを押しながらFキーを押して、FIFOモードに変更します。(※)
    FIFO貼り付け機能の利用
    (※)ホットキーは変更(追加)することができます。

     ホットキー

  2. クリップボードにテキストをコピーします。

    1. コピーしたいテキストを選択します。
      FIFO貼り付け機能の利用
    2. キーボードのCtrlキーを押しながらCキーを押して、クリップボードにコピーします。
      FIFO貼り付け機能の利用

      注1)コピーではなく切取り(Ctrl+X)でも構いません。
      注2)マウスの右クリックメニューのコピー(切取り)でも構いません。

  3. コピー操作を繰り返して、コピーしたいテキストを次々とコピー(蓄積)していきます。
     
  4. 貼り付けたい場所で、キーボードのShiftおよびCtrlキーを押しながらVキーを押して、クリップボードに蓄積したテキストを貼り付けます。

    FIFO貼り付け機能の利用
  5. 4.の操作を繰り返して、蓄積したテキストを次々と貼り付けていきます。
     
  6. 蓄積したテキストを貼り終えると、自動的にFIFOモードが終了します。

    FIFO貼り付け機能の利用

FIFO貼り付けの再開

蓄積したテキストは、貼り終えた後も保存されていますので、以下の方法で再利用することができます。

  1. キーボードのShift,Ctrl,Altキーを押しながらFキーを押して、FIFO貼り付けモードに変更します。(※)
    FIFO貼り付けの再開
    (※)ホットキーは変更(追加)することができます。

     ホットキー

  2. 貼り付けたい場所で、キーボードのShiftおよびCtrlキーを押しながらVキーを押して、クリップボードに蓄積したテキストを貼り付けます。
     
  3. 最初にFIFO貼り付け操作をしたときと同様に、FIFO貼り付けが完了するまで次々と貼り付けていきます。

注)ShowClipを再起動したり、もう一度FIFOモードに変更したりすると、それまでに蓄積されたテキストはクリアされますので、FIFO貼り付けは再開できません。

<広告>