KMCustomizerマニュアル(割り当て可能なキー一覧)

KMCustomizerで割り当て可能なキーの一覧です。

キーボード配列だけでなく、マウスボタン拡張機能にも割り当てることができます。


文字入力キー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 – {^} \
q w e r t y u i p @ [
a s d f g h j k l {;} {:} ]
z x c v b n m {,} {.} / {バックスラッシュ}

! ” # $ % & ‘ ( ) = ~ |
Q W E R T Y U I O P ` {{}
A S D F G H J K L {+} * {}}
Z X C V B N M ? _

{Space}

{}で挟まれている文字は、{}を含めて記入してください。
{バックスラッシュ}は、右シフトキーの左隣にある「\」のことです。

修飾キー

キー 指定する値 説明
Shift + Shiftキーを押しながら打鍵するときに使います。
(「+a」を割り当てると、Shiftキーを押しながら「a」を押したことになります)
Ctrl ^ Crtlキーを押しながら打鍵するときに使います。
Alt ! Altキーを押しながら打鍵するときに使います。
Windows # ウィンドウズキーを押しながら打鍵するときに使います。

複数の異なる修飾キーを同時に指定することができます。
例)「^+a」を割り当てると、CtrlとShiftキーを押しながら「a」を押したことになります。
修飾キーの順序に制約はありませんので、「+^a」でもかまいません。

全角文字

全角文字の場合は{}で囲む必要はありません。
割り当てたい文字を直接指定することができます。

編集キー

キー 指定する値
Tab {Tab}
Delete {Delete}{Del}
Backspace {Backspace}{BS}
Insert {Insert}{Ins}
Enter {Enter}

指定する値が2つある場合は、どちらを指定してもかまいません。

矢印キー

キー 指定する値
{Left}
{Right}
{Up}
{Down}

移動キー

キー 指定する値
Home {Home}
End {End}
PgUp {PgUp}
PgDn {PgDn}

IME制御キー

キー 指定する値
無変換 {無変換}
変換 {変換}

ファンクションキー

{F1} {F2} … {F24}

制御キー

キー 指定する値
Esc {Esc}
カタカナ {カタカナ}
アプリケーションキー {AppsKey}
左ウィンドウキー{LWin} {LWin}
右ウィンドウキー {RWin}

マルチメディアキー

キー 指定する値
音量・大 {Volume_Up}
音量・小 {Volume_Down}
音量・消 {Volume_Mute}

マウス

ボタン 指定する値
左クリック {LButton}
左ダブルクリック {LButton 2}
右クリック {RButton}
中(ホイール)クリック {MButton}
拡張1ボタンクリック {XButton1}
拡張2ボタンクリック {XButton2}
ホイール下回転 {WheelDown}
ホイール上回転 {WheelUp}
ホイール左チルト {WheelLeft}
ホイール右チルト {WheelRight}

サブコマンド

サブコマンドを割り当てたキー(マウスボタン)を押すと、下表の「実行内容」に記された処理が実行されます。

IME関連サブコマンド

SubChangeDirTypJpnChrMode

【オートIMEのオン/オフ切替え】

SubIMEOn

【IMEオン】

SubIMEOff

【IMEオフ】

マウス関連サブコマンド

SubMouseLClk

【マウス左クリック】

左Ctrlキーを押しながら操作すると、Shiftキーを押しながら左クリックしたときとと同じ動作をします。

右Ctrlキーを押しながら操作すると、Ctrlキーを押しながら左クリックしたときとと同じ動作をします。

マウスの左または右ボタンが、ダウン(押し続けられている)状態のときは、ダウン解除(ボタンを離した)後に左クリックします。

SubMouseCClk

【マウス中クリック】

マウスの左または右ボタンが、ダウン(押し続けられている)状態のときは、ダウン解除(ボタンを離した)後に中クリックします。

SubMouseRClk

【マウス右クリック】

マウスの左または右ボタンが、ダウン(押し続けられている)状態のときは、ダウン解除(ボタンを離した)後に右クリックします。

SubMouseLDwn

【マウス左ボタンダウン/ボタンアップ】

1回目の実行で左ボタンを押したまま(ダウン状態)にして、2回目の実行で左ボタンを離します。
(ドラッグアンドドロップのときに使用します)

2回目の実行時にCtrlキーが押されていると、Ctrlキーを押しながら左ボタンを離したときと同じ動作をします。

SubMouseRDwn

【マウス右ボタンダウン/ボタンアップ】

1回目の実行で右ボタンを押したまま(ダウン状態)にして、2回目の実行で右ボタンを離します。
(ドラッグアンドドロップのときに使用します)

SubMouseWhUp,X

【ホイール上スクロール】
(例)「SubMouseWhUp,6」のようにカンマで区切ってスクロール速度を指定します。

Spaceキーを押しながら操作すると減速します。
減速機能は正しく機能しないケースが存在したためバージョン1.08から廃止しました。

SubMouseWhDn,X

【ホイール上スクロール】
(例)「SubMouseWhDn,6」のようにカンマで区切ってスクロール速度を指定します。

Spaceキーを押しながら操作すると減速します。
減速機能は正しく機能しないケースが存在したためバージョン1.08から廃止しました。

SubMouseWhLeft

【ホイール左チルト】

{WheelLeft}のチルト機能を拡張しているので、{WheelLeft}が反応しないアプリでも反応する可能性があります。

SubMouseWhRight

【ホイール右チルト】

{WheelRight}のチルト機能を拡張しているので、{WheelRight}が反応しないアプリでも反応する可能性があります。

SubMouseLeft

【マウスカーソルを左に移動】

Spaceキーを押しながら操作すると減速し、Ctrlキーを押しながら操作すると加速します。
(以下、マウスカーソル移動サブコマンド共通)

SubMouseRight

【マウスカーソルを右に移動】

SubMouseUp

【マウスカーソルを上に移動】

SubMouseDown

【マウスカーソルを下に移動】

SubMoveMouseToMonitor,X

【マウスカーソルをモニターXに転送】

(例)「SubMoveMouseToMonitor,2」で、マウスカーソルをモニター2に転送します。

SubSendMouseToMonitor

【マウスカーソルを次のモニターに転送する】

実行するごとに、モニター1→モニター2→モニター3→モニター1→…のように、全てのモニターにマウスカーソルを順次転送します。

SubMoveMouseToCnrLT

【マウスカーソルをモニターの左上隅に移動】

SubMoveMouseToCnrLB

【マウスカーソルをモニターの左下隅に移動】

SubMoveMouseToCnrRT

【マウスカーソルをモニターの右上隅に移動】

SubMoveMouseToCnrRB

【マウスカーソルをモニターの右下隅に移動】

SubHorScrolltoL

【マウスカーソルをモニターの右下隅に移動】

SubMouseGesture

【マウスジェスチャーモードに移行/実行】

  • 1回目の実行でマウスジェスチャーモードに移行します。
  • モード移行後にマウスカーソルを動かすとマウスジェスチャーメニューを表示します。
  • メニュー表示後にマウスカーソルをメニュー項目に移動し、再度実行すると、選択されたメニュー項目の内容が実行されます。

ウィンドウ操作関連サブコマンド

SubMinimizeToTaskTray

【アクティブウィンドウを通知領域(タスクトレイ)に収納】

アクティブウィンドウを、通知領域(タスクトレイ)のKMCustomizerアイコンに収納します。
アクティブウィンドウを通知領域(タスクトレイ)に収納

収納したウィンドウを元に戻すには、通知領域(タスクトレイ)のKMCustomizerアイコンをクリックして表示されたメニューから、元に戻すウィンドウの名前を探してクリックします。

SubMaximizeActvWin

【アクティブウィンドウを最大化またはリサイズ】

アクティブウィンドウが通常の状態であれば最大化し、最大化していれば通常に戻します。

SubMinimizeActvWin

【アクティブウィンドウを最小化】

SubAlwaysOnTop

【アクティブウィンドウを常に前面表示する】

アクティブウィンドウのタイトルに「▲常に前面表示▲」を追加し、常に前面表示します。

アクティブウィンドウを常に前面表示する

もう一度実行すると、通常の状態に戻ります。

タスク制御関連サブコマンド

SubTaskSwitcherM

【リスト形式のタスクスイッチャー(マウス起動用)】

下図のようなタスクスイッチャーを表示します。
リスト形式のタスクスイッチャー

 タスクスイッチャーの使用方法

SubTaskSwitcher

【リスト形式のタスクスイッチャー(キーボード起動用)】

 タスクスイッチャーの使用方法

その他のサブコマンド

SubReload

【KM Customizerの再起動】

SubColorPicker

【マウスカーソル位置の色情報(16進数および10進数)と座標(X座標、Y座標)を取得する】

実行すると取得内容をツールチップに表示するとともに、クリップボードに転送します。
マウスカーソル位置の色情報(16進数および10進数)と座標を取得する

もう一度実行するとツールチップを消去します。