割り当て可能なキー一覧

文字キー

まずは、基本の文字キーね。
キーボード個別のキーが、ほとんど割り当て可能だわ!

124567890{^}\
qwrtyuiop@[
asfghjkl{;}{:}]
zxvbnm{,}./{バックスラッシュ}
!#$%&()=~|
QWERTYUIOP`{{}
ASDFGHJKL{+}*{}}
ZXCVBNM<>?_

{}で挟まれている文字は、{}ごと割り当ててね!

{バックスラッシュ}は、右シフトキーの左隣にある「\」のことだよ。

修飾キー

つぎは修飾キーね!
シフトキーのように同時に押すことで、キーに違う役割を持たせるときに押すキーのことよ!

例えば +a は、シフトキーを押しながら a を押したことを意味するわ。

キー指定する内容説明
Shift+Shiftキーを押しながら打鍵するときに使います。
Ctrl^Crtlキーを押しながら打鍵するときに使います。
Alt!Altキーを押しながら打鍵するときに使います。
Windows#Windowsキーを押しながら打鍵するときに使います。

複数の修飾キーを同時に指定することもできるんだよ!
^+a なら、CtrlとShiftキーを押しながら a を押したことになるね。
修飾キーの順序は無視されるから、+^a でも大丈夫なんだ。

全角文字

さらに、全角文字も割り当てられるわ!

英数記号と違って、ひらがな、カタカナ、漢字まで指定できるから、一覧表は省略するわね。

でも、新しいMS-IME環境で、全角文字を割り当てていた場合、そのキーを押した時点で確定してしまうから注意してほしいぞ!

複数文字の割り当て

一つのキーに、一つの文字が割り当てられるのは当然だけど、実はKMCustomizerなら、複数文字も割り当てられるの!

例えば、{konnnitiha} と割り当てれば、一度に こんにちは とタイプしたことになるわ!

複数の文字を割り当てる場合は、指定する文字列を{}で囲んでね。

複数の組み合わせを割り当てられるのは、文字入力だけじゃないよ!

^c(^v)のように指定すれば、範囲選択した文字列をカッコで挟むこともできるんだ!

編集キー

Tab や Delete などの、編集キーも割り当て可能よ!

キー指定する内容
Tab{Tab}
Delete{Delete} または {Del}
Back Space{Backspace} または {BS}
Insert{Insert} または {Ins}
Enter{Enter}

よく使うのに遠いところにある、Back Space や Enter なんかを押しやすい場所に割り当てると、文書編集がはかどりそうだね!

方向キー

よく使うのに遠いという意味では、方向キーも同じね!

キー指定する内容
{Left}
{Right}
{Up}
{Down}

変換キーを押しながらWASD とか、無変換キーを押しながら IJKL とかに割り当てると、ホームポジションを維持したままカーソルが操作できて、らくちんだよ!

移動キー

Home,End,PageUp,PageDown もそうね!

キー指定する内容
Home{Home}
End{End}
PageUp{PgUp}
PageDown{PgDn}

これも、押しやすい場所に割り当てれられるのはもちろん、次のように指定すると、文字削除も楽になるよ!

+{End}{Delete} のように指定すると、カーソル一から行末尾までの文字を一気に削除できるんだ!

IME制御キー

無変換キーや変換キーだって割り当てられるわ!

キー配列を変えるのもいいけど、新しいMS-IMEで廃止された、句読点変換を復活させて、慣れ親しんだ操作を取り戻すのもいいわね!

(キーまたは操作)指定する内容
無変換{無変換}
変換{変換}
オートIMEのオン/オフ切替えSubChangeDirTypJpnChrMode
IMEオンSubIMEOn
IMEオフSubIMEOff

, の全角モードに {,}{変換} と指定すれば、読点(、)の入力で自動的に変換してくれるようになるんだ!

句点(。)で自動変換なら .{変換} だね。

ファンクションキー

ファンクションキーは、F24まで割り当てられるわ!

ここで配布している、クリップボード履歴ソフトのショートカットキーで活躍するわ!

(キーまたは操作)指定する内容
F1{F1}
F2{F2}
F3{F3}


F24{F24}

テキストのクリップボード履歴に特化したフリーソフトだね!

詳しいことは、リンク先で確認してほしいぞ。

制御キー

そのほかの、制御キーも割り当てられるから、キー配列を工夫してみてね!

キー指定する内容
Esc{Esc}
カタカナ{カタカナ}
アプリケーションキー{AppsKey}
左Windowsキー{LWin}
右Windowsキー{RWin}
Print Screen{PrintScreen}
Scroll Lock{ScrollLock}
Pause{Pause}

いつ使うかよくわからない、Pauseキーまで割り当てられるんだね…
それより、Pauseキーに他の機能を割り当てたほうが、有効活用できそうな気がするよ!

音量制御キー

そのPauseキーには、音量制御キーを割り当ててみたらどうかしら?

半角モードに {Volume_Down} を、全角モードに {Volume_Up} を割り当てれば、Pauseを押すとボリュームアップ、スペースキーを押しながらPauseでボリュームダウンできるようになるわ!

キー指定する内容
音量・大{Volume_Up}
音量・小{Volume_Down}
音量・消{Volume_Mute}

スペースキーを押しながら操作すると半角文字がタイプできる仕様を利用した、裏技的な使い方だね!

このテクニックを使えば、Insertキーとかも有効活用できるんじゃないかな?

マウス

マウス操作も一通り割り当てられるから、キーボードだけでマウス操作もできるようになるわ!

キーボードでマウスカーソルを動かすのは大変だけど、少しだけ動かしたいときに使うと、キーボードから手を離さなくてもすむから、楽ができるね!

操作指定する内容操作ガイド
左クリック{LButton}
左ダブルクリック{LButton 2}
右クリック{RButton}
中(ホイール)クリック{MButton}
拡張1ボタンクリック{XButton1}
拡張2ボタンクリック{XButton2}
ホイール下回転{WheelDown}
ホイール上回転{WheelUp}
ホイール左チルト{WheelLeft}
ホイール右チルト{WheelRight}
マウス左クリック(拡張版)SubMouseLClk左Ctrlキーを押しながら操作すると、Shiftキーを押しながら左クリックしたときとと同じ動作をします。
右Ctrlキーを押しながら操作すると、Ctrlキーを押しながら左クリックしたときとと同じ動作をします。
マウスの左または右ボタンが、ダウン(押し続けられている)状態のときは、ダウン解除(ボタンを離した)後に左クリックします。
マウス中クリック(拡張版)SubMouseCClkマウスの左または右ボタンが、ダウン(押し続けられている)状態のときは、ダウン解除(ボタンを離した)後に中クリックします。
マウス右クリック(拡張版)SubMouseRClkマウスの左または右ボタンが、ダウン(押し続けられている)状態のときは、ダウン解除(ボタンを離した)後に右クリックします。
マウス左ボタンを押す/離すSubMouseLDwn1回目の実行で左ボタンを押したまま(ダウン状態)にして、2回目の実行で左ボタンを離します。
(ドラッグアンドドロップのときに使用します)
2回目の実行時にCtrlキーが押されていると、Ctrlキーを押しながら左ボタンを離したときと同じ動作をします。
マウス右ボタンダを押す/離すSubMouseRDwn1回目の実行で右ボタンを押したまま(ダウン状態)にして、2回目の実行で右ボタンを離します。
(ドラッグアンドドロップのときに使用します)
ホイール上スクロール(拡張版)SubMouseWhUp,X(例)「SubMouseWhUp,6」のようにカンマで区切ってスクロール速度を指定します。
Spaceキーを押しながら操作すると減速します。
減速機能は正しく機能しないケースが存在したためバージョン1.08から廃止しました。
ホイール下スクロール(拡張版)SubMouseWhDn,X(例)「SubMouseWhDn,6」のようにカンマで区切ってスクロール速度を指定します。
Spaceキーを押しながら操作すると減速します。
減速機能は正しく機能しないケースが存在したためバージョン1.08から廃止しました。
ホイール左チルト(拡張版)SubMouseWhLef{WheelLeft}のチルト機能を拡張しているので、{WheelLeft}が反応しないアプリでも反応する可能性があります。
ホイール右チルト(拡張版)SubMouseWhRight{WheelRight}のチルト機能を拡張しているので、{WheelRight}が反応しないアプリでも反応する可能性があります。
マウスカーソルを左に移動SubMouseLeftSpaceキーを押しながら操作すると減速し、Ctrlキーを押しながら操作すると加速します。
マウスカーソルを右に移動SubMouseRight同上
マウスカーソルを上に移動SubMouseUp同上
マウスカーソルを下に移動SubMouseDown同上
マウスカーソルをモニターXに転送SubMoveMouseToMonitor,X(例)「SubMoveMouseToMonitor,2」で、マウスカーソルをモニター2に転送します。
マウスカーソルを次のモニターに転送するSubSendMouseToMonitor実行するごとに、モニター1→モニター2→モニター3→モニター1→…のように、全てのモニターにマウスカーソルを順次転送します。
マウスカーソルをモニターの左上隅に移動SubMoveMouseToCnrLT
マウスカーソルをモニターの左下隅に移動SubMoveMouseToCnrLB
マウスカーソルをモニターの右上隅に移動SubMoveMouseToCnrRT
マウスカーソルをモニターの右下隅に移動SubMoveMouseToCnrRB
マウスカーソルをモニターの右下隅に移動SubHorScrolltoL
マウスジェスチャーモードに移行/実行SubMouseGesture1回目の実行でマウスジェスチャーモードに移行します。
モード移行後にマウスカーソルを動かすとマウスジェスチャーメニューを表示します。
メニュー表示後にマウスカーソルをメニュー項目に移動し、再度実行すると、選択されたメニュー項目の内容が実行されます。

ウィンドウ操作関連

だいぶ長くなってきたけど、もう少しよ!

このキー(コマンド)を割り当てれば、ウィンドウのサイズ変更とかも、簡単にできるようになるわ!

最大化や最小化とかをキーボードで操作するには、2段階のショートカットキーを操らないといけないけど、これならワンタッチで操作できるから、サクッと処理できるね!

操作指定する内容操作ガイド
アクティブウィンドウを通知領域(タスクトレイ)に収納SubMinimizeToTaskTrayアクティブウィンドウを、通知領域(タスクトレイ)のKMCustomizerアイコンに収納します。
アクティブウィンドウを通知領域(タスクトレイ)に収納
収納したウィンドウを元に戻すには、通知領域(タスクトレイ)のKMCustomizerアイコンをクリックして表示されたメニューから、元に戻すウィンドウの名前を探してクリックします。
アクティブウィンドウを最大化/リサイズSubMaximizeActvWinアクティブウィンドウが通常の状態であれば最大化し、最大化していれば通常に戻します。
アクティブウィンドウを最小化SubMinimizeActvWin
アクティブウィンドウを常に前面表示するSubAlwaysOnTopアクティブウィンドウのタイトルに「▲常に前面表示▲」を追加し、常に前面表示します。
アクティブウィンドウを常に前面表示する
もう一度実行すると、通常の状態に戻ります。

タスク制御関連

タスク制御も割り当てられるわ!

アプリの起動から、切り替え、終了まで制御できるのよ!

操作指定する内容操作ガイド
リスト形式のタスクスイッチャー(マウス起動用)SubTaskSwitcherM下図のようなタスクスイッチャーを表示します。
リスト形式のタスクスイッチャー
リスト形式のタスクスイッチャー(キーボード起動用SubTaskSwitcher上の図と同じタスクスイッチャーが表示される
タスク制御がキーボードの方向キーで操作できる。

タスクスイッチャーの詳しい使い方は、リンク先で確認してね!

その他の操作

最後は、 KMCustomizerの再起動と、カラーピッカーね!

操作指定する内容操作ガイド
KMCustomizerの再起動SubReload実行するとKMCustomizerを再起動します。
マウスカーソル位置の色情報SubColorPicker実行するとマウスカーソル位置の色情報をツールチップに表示するとともに、クリップボードに色情報(16進数および10進数)と座標(X座標、Y座標)を転送します。
マウスカーソル位置の色情報(16進数および10進数)と座標を取得する
もう一度実行するとツールチップを消去します。

マウスカーソル位置の色情報まで取得できるなんて、芸が細かすぎるっ!

画像編集やWebデザインの仕事をしている人に使ってほしい機能だね。