キーボード&マウス・カスタマイズソフト”KMCustomizer”公開!

KMCustomizerは、パソコン操作を快適にする「キーボード&マウス・カスタマイズ」ソフトです。

本ソフトウェアは、以下の要望を実現するために作成しました。

  1. 効率的に文書を編集したい。
  2. キーボードを使っているときは、キーボードだけで操作したい。
  3. マウスを使っているときは、マウスだけで操作したい。

まだまだ改善の余地はあると思いますが、本ソフトを導入することで「極めて快適なパソコン操作環境」が整うものと自負しております。

ただ、私自身が欲しい機能を追加してきた経緯があるため、本ソフトウェアでできることは非常に多岐にわたります。

もし全機能の説明に目をとおすとしたら、ボリュームたっぷりで読むのに疲れてしまうかもしれません。

ですから、ここでは主な機能に絞って解説することにいたします。
(もちろん、詳細マニュアルもご用意しています)

 KMCustomizerマニュアル(目次)


IMEを自動でオン・オフ

たとえば、こんなイライラを経験したことはないでしょうか?

「こんにちは」と入力したつもりが、「konnitiha」になってしまい、IMEをオンにして最初から入力しなおした。

でも、KMCustomizerを使えば、こんなイライラともお別れです。

IMEを自動でオンにする「オートIMEオン」

IMEのオン・オフは、全てKMCustomizeが肩代わりします。
(文字入力を開始すると、IMEは自動的にオンになります)

つまり「面倒なIME操作から解放され、文字入力に集中できる」のです。

もちろん、IMEオフでの文字入力も可能です。
その時は、スペースキーを押しながら文字を入力してください。

そうすると、IMEは自動でオフになり半角文字(英数記号)が入力できます。

IMEの自動オン・オフが逆転する「オートIMEオフ」も

さらに、IMEの自動オン・オフが逆転する「オートIMEオフ」もご用意しています。
「オートIMEオフ」のときは、文字を入力するとIMEは自動でオフになります。
(このとき全角文字の入力は、スペースキーを押しながら行います)

このモードを使えば、半角入力が大半のプログラムコーディングなども快適に行えます。

最初は操作方法に戸惑うかもしれませんが、ぜひ一度体験していただきたい機能です。

 オートIME機能の使用方法

ホームポジションで矢印キー

文書編集において、IMEのオン・オフに続いて煩わしいのは「矢印キー」ではないでしょうか?

もちろん矢印キー自体は、とてもありがたい存在です。
文書編集に「矢印キー」は欠かせませんから。

問題なのは、その位置です。

ご存じのとおり、矢印キーはキーボードの右隅に配置されています。
そのため、矢印キーを操作するには、右手を大きく動かさなくてはなりません。

それでも、たまにしか使わないのなら我慢もできますが、実際はその逆。

矢印キーは、よく使うキーのランキング上位にいるはずなので、もっと押しやすい場所に配置されるべきです。

そこで、KMCustomizerの出番です。

I,J,K,Lキーで矢印キーを操作

KMCustomizerを使えば、無変換キーを押しながらI,J,K,Lキーを押すことで、矢印キーが操作できるようになります。

 デフォルトキー配列

この操作は、変換キーとE,S,D,Fキーの組み合わせなどに変更することもできます。

 キー配列設定・プリセット配列

その他、Enterキー、Deleteキー、バックスペースキーなどの、さまざなまキーの配列変更が可能ですから、あなたのの手はホームポジションから(ほぼ)離れることはありません。

 キー配列設定・詳細設定

マウス拡張機能

私は以前、「かざぐるマウス」という、マウス機能を拡張するフリーソフトを使用していました。

たとえば、「マウスの右ボタンを押しながらホイールを下回転」させると「ブラウザの右側タブがアクティブになる」など、パソコン操作を快適にしてくれる、とても便利なソフトでした。

ところが、2013年10月、突如として公開終了。

その後もしばらくは使えていたのですが、Windowsのアップデートと共に使用不可に。

しかたなく、いくつか代替ソフトを試してみたものの、しっくりくるものが見つからなかったので、自分用にマウス拡張ソフトを作り、それがいつしかKMCustomizerに発展した、という次第です。

「かざぐるマウス」の一部機能を搭載

ですから、KMCustomizerは「かざぐるマウス」の一部機能を搭載しています。

「マウスの右ボタンを押しながらホイール下回転」などの操作に、コマンドを割り当てることができますので、パソコン操作(タブブラウザ操作など)が色々便利になるはずです。

そのほかにも、以下のような機能を搭載しています。

  1. マウスボタン拡張
    左ボタンを押しながら中クリックのような、ボタン複合操作にコマンド割り当てが可能
  2. ホイール加速などのマウスホイール拡張機能
  3. マウスによるウインドウ操作
    ホイール回転で、マウスカーソル下のウィンドウをアクティブにするなど
  4. くるくるスクロール
    マウスカーソルを円を描くように回すとスクロール
  5. トラックボールでスクロール
    トラックボールを前後に回転させるとスクロール

 マウス拡張機能

マウスジェスチャー

マウスジェスチャーも「かざぐるマウス」の代替ソフト探しから発展、開発した機能です。

しかし、KMCustomizerのマウスジェスチャー機能は、他のマウスジェスチャーソフトとは操作方法が大きく異なります。

ジェスチャー(マウスの動かし方)を覚える必要がないマウスジェスチャー

それは「ジェスチャー(マウスの動かし方)を覚えなくてもいい」ということです。

右ボタンを押しながらマウスを動かすと、下図のようなメニューが表示されるので、実行したい項目の枠にマウスカーソルを移動させて右ボタンを離すだけ。

マウスジェスチャーメニュー

ジェスチャーを覚えなくてもいいので、簡単に使いこなせると思います。

(マウスジェスチャーというより、「第2の右クリックメニュー」といったほうがいいかもしれません)

もちろん、メニューは編集可能。

アプリごとの専用メニューも作れますから、幅広く活用できるはずです。

 マウスジェスチャー

多彩な機能の数々

他にも以下のように多彩な機能を取り揃えておりますので、ご活用していただければ幸いです。

  1. オートIME
    IMEの状態(オン・オフ)を気にすることなく、文字入力が可能
  2. キーボードのキー配列(割り当て)変更
    ・プリセットによる配列変更
     (QWERTY配列、Dvorak配列、親指シフト、コピー&ペースト、矢印キー、マウス操作など)
    ・詳細設定による配列変更(独自配列)
  3. キーボードショートカットによるアプリ起動&ウィンドウ切換
  4. マウスボタン拡張
    左ボタンを押しながら中クリックのような、ボタン複合操作にコマンド割り当てが可能
  5. ホイール加速などのマウスホイール拡張
  6. マウスによるウインドウ操作
    ホイール回転で、マウスカーソル下のウィンドウをアクティブにするなど
  7. くるくるスクロール
    マウスカーソルを円を描くように回すとスクロール
  8. トラックボールでスクロール
    起動キーを押しながらトラックボールを前後に回転させるとスクロール
  9. アプリケーションごとに異なる機能が割り当て可能なマウスジェスチャー
  10. キーボード、マウス両方で操作可能なタスク切替&ランチャー

 KMCustomizerマニュアル(目次)


8件のコメント

  • papipo

    「マウスジェスチャー設定画面」で、左上のマスの「標準」等をクリックすると、ハングアップしてしまいます。

    • Show

      papipoさん、コメントありがとうございます。
      サイト運営者のShowと申します。

      せっかくインストールしていただいたのに、うまく動かなくてすみません。
      私の環境(開発PCと別のPC)ではハングアップが再現できませんでした。

      が、別の問題として、インストールの際に管理者権限が必要なフォルダ(C:\Program Filesなど)にインストールすると正しく動作しない問題があることが分かりました。

      papipoさんの不具合とは無関係かもしれませんが、「ドキュメント」など管理者権限が不要なフォルダにインストールしてお試しいただけますでしょうか。

      • papipo

        Cドライブ直下にフォルダを作成して、そこにインストールしていますので、管理者権限が必要なフォルダではありません。
        PCの環境・・・残念です。

        • Show

          それは申し訳ありませんでした。

          まだハングアップの原因にたどり着いていないのですが、調査中にマウスジェスチャー設定画面の他の不具合が見つかりましたので、修正して最新版として公開しています。

          正直、この修正でハングアップが解決する見込みは薄いのですが(ハングアップの原因が不明なため)もしよしければ最新版を試していただければ幸いです。

          最新版のダウンロードはこちらからお願いします。

          • papipo

            KMCustomizer106.zip をダウンロードして試してみましたが、同じ状態です。パソコンは、Windows10(64ビット)です。
            自宅にある別のパソコン(Windows10)でも同じ現象が起きます。

    • Show

      papipoさま、度々お手間を取らせてしまい、すみません。

      こちらでも再現できました。
      ユーザーアカウント名が日本語文字の場合に、ハングアップしてしまうようです。
      対策を考えますので、少々お時間をください。

    • Show

      マウスジェスチャー設定画面の不具合を修正しました。

      ユーザーアカウント名はハングアップとは無関係でしたが、2台のPCで不具合が出ることを確認し、両方とも問題が解消されましたので、今回こそ大丈夫ではないかと思います。

      以上、よろしくお願いします。

      • papipo

        KMCustomizer107.zipをダウンロードしてインストールすると、不具合は解消されました。
        早々の対応をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください