Windows10の新しいIMEで句読点変換する方法!

いつの間にか、Windows10のMS-IMEが更新されてましたが、とっても使いにくいですね?
(Windows 10 May 2020 Updateで更新されたようです)

句読点変換が使えなくなった!?

一番ダメなのが、句読点変換が使えなくなったこと!

文章の区切り(、)と終わり(。)で、自動変換してくれる、これがいかに快適か?マイクロソフトは、分かってませんね。

これからは、手動変換がスタンダードだとでも?

百歩譲って、より効率的になったのなら、慣れる努力も惜しみません。

ですが、明らかに旧式(句読点変換)のほうが効率的なので、そんな努力はお断りです!

句読点変換を取り戻せ!

なので、句読点変換を取り戻しましょう!

その方法には何種類かありますが、私が選んだのは、拙作フリーソフト(KMCustomizer)で句読点変換を実現する方法。

インストール後に、少し設定を加えるだけで、新しいMS-IMEでも句読点変換が使えるようになるのです!

(手順は後で説明します)

しかも、面倒なIMEのオン・オフ操作が必要なくなる、うれしいオマケもついてきます。

ちなみに、ほかにも次の方法がありますが、理由で見送りました。

見送った残り2つの方法

・MS-IMEを旧バージョンに戻す
旧バージョンを使い続けることには、セキュリティーや安定稼働に不安がともなうので見送りました。

・Google日本語入力に乗り換える
細かい操作感に馴染めなかったので、完全乗り換えには至りませんでした。(優秀なIMEだとは思います)

KMCustomizerのインストールと設定方法

ということで、私と同じ思いの人向けに、KMCustomizerの設定方法をご説明しますね。

まずは、インストーラーをダウンロードして、インストールします。

KMCustomizerを起動したら、「キー配列詳細設定」画面を表示させます。

そして「キー配列詳細設定」画面で、次のように操作してください。

①「キーリスト」をスクロールして、「,」をクリックします。

②「単独打鍵」の「全角モード」に{,}{変換}と入力します。

これをコピぺ!

{,}{変換}

入力できたら「現在表示されているキー配列を保存」をクリックして設定を保存します。

参考までに、これは読点「、」で自動変換させるための設定です。

これだけでは不完全なので、句点や)など、他のキーも同じ手順で設定しましょう!

句読点変換の内容キーリスト「単独打鍵」の「全角モード」に入力する内容
、で変換,{,}{変換}
。で変換..{変換}
句読点変換の内容キーリスト「左シフト+」の「全角モード」に入力する内容「右シフト+」の「全角モード」に入力する内容
)で変換9+9{変換}+9{変換}
?で変換/+/{変換}+/{変換}
!で変換1+1{変換}+1{変換}

ちなみに、面倒なIMEのオン・オフ操作が必要なくなる、うれしいオマケは、次の記事で読んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

KMCustomizer Ver1.27公開!